一心亭は、「従業員感動満足なくして顧客感動満足なし」という考えのもと、スタッフの働きやすい環境を整える事にも力を注いでおります。その取り組みが評価され、経済産業省主催「平成24年度おもてなし経営企業選」全国50社のうちの1社に選ばれました。
 ここでは、一心亭が選考時に大きく評価を受け、「働きやすい職場」実現のために、実際に取り組んでいる活動の一部を紹介致します。

スタッフの子どもも支援する
「子女教育費手当」

 扶養手当の他に、正社員を対象としてスタッフの子供にかかる多額の教育費を支援する目的でつくられた手当で、子供の成長に応じてあらかじめ定められた額を毎月会社が支給しております。それを全国的にも前例のない子女名義で預金する方法を取り入れ、入学時や修学旅行など多額の出費が必要となる場面で、スタッフが払い出しできるようになっております。適用期間は、誕生から大学卒業まで長期に渡るため、その支給総額と利便さで子供さんのいるスタッフに大変喜んでいただいている独自の手当です。

理念を浸透させる3つの塾
「社長塾」「未来塾」「店舗塾」

 会社全体のベクトルを合わせるため、社長自らが主催する3つの塾。「社長塾」は店舗責任者や正社員を対象に店舗運営や仕事のことをざっくばらんに話し合う懇親座談会。また、「未来塾」は将来の管理者候補や新人を対象とし、会社の歴史や理念を学びながら経営幹部と懇親を深める社内研修会。「店舗塾」はその年に一番伝えたいテーマに沿って直接社長が各店舗に出向き全店舗スタッフに語るミニ研修。このような様々な形で日々会社の理念を浸透させる努力を続けております。

   

スタッフの意欲・能力を向上させる
「委員会制度」

 お客様へのおもてなしや接客サービスのレベル向上を図る「おもてなし推進委員会」、美味しい商品の開発や品質の向上を図る「美味しさ向上委員会」、様々な無駄を省き利益を出す仕組み作りを図る「コスト管理委員会」、福利厚生やキャリアプランなどスタッフの勤務環境改善を図る「幸せ向上委員会」の4つの委員会を設置しており、それぞれの名称に沿ったテーマで改善活動を行なっております。各委員会はいずれかの店舗から抜擢されたスタッフで構成されており、トップダウンで「やらされる」のではなく、スタッフ自身が「自主的に考える」ことでより現場に沿ったスピード感のある改善が出来るよう、様々な課題に取り組んでおります。